耳の穴のことを外耳道といいます。成人で約3cmの長さで、直径が約1cmほどです。

外耳道の突き当りは鼓膜になります。

耳鏡という器具を用いて、耳の中を実際にみることで診断します。外耳道に赤みや腫れがあり、耳だれが出ていることもあります。腫れが強くなると、聞こえが悪くなったり、耳の周りにまで痛みが広がったり、熱が出たりすることもあります。

患者さんの中には、頻繁な耳そうじが原因で外耳炎になっている方がいます。

頻繁な耳そうじ→外耳道の炎症→かゆみが発生→再び耳そうじ→更なる外耳道の炎症…と悪い循環に陥っていることがよくあります。

そのような時は、耳そうじをやめないと外耳炎は治りません。

外耳道炎は、まずは耳だれなどを取り除き外耳道をきれいにし、炎症を抑える軟膏を塗る局所処置で治療します。

耳だれから細菌培養検査に出して、どのような菌が悪さをしているか確認することもあります。

また抗菌薬や炎症をおさえる点耳薬(耳にいれる液体のお薬です)を使ったり、炎症の強い方は内服の抗菌薬を併用したりすることもあります。

外耳炎は一度生じると、くせになりやすく、長引くことがしばしあります。自己判断せずに、かゆみがあるときは早めに耳鼻咽喉科に相談することをおすすめします。

耳垢とは、はがれた耳の穴(外耳道)の表皮に、分泌腺である耳垢腺と皮脂腺の分泌物などが混ざったものです。

そもそも耳の穴は、入口側の柔らかい部分(軟骨部外耳道といいます)と、奥の硬い部分(骨部外耳道といいます)に分けられます。

入口側の柔らかい部分は皮下組織が厚く、耳毛や皮脂腺、耳垢腺などが存在し耳垢ができますが、奥の硬い部分にはそれらはなく、耳垢はほぼたまりません。

通常では耳の穴から自然に排泄される耳垢が、外耳道に停滞して外耳道が閉塞してしまった状態のことを耳垢栓塞といい、耳がつまった感じがしたり、耳鳴りや聞こえが悪い感じがしたりします。

耳そうじの最中に、耳垢を自分で奥に押し込み、結果として耳の穴が耳垢で閉塞することもしばしばあります。

耳鏡という器具を用いて耳の中をみることで診断します。

治療は、耳垢をとる鉗子やピンセットなどで取り除いたり、細い掃除機のような吸引する器具で吸い取ったりもします。耳垢が硬くて簡単に除去できないときは、耳垢を柔らかくする点耳薬(耳にいれる液体のお薬です)を処方します。数日間ご自宅で使用して、硬い耳垢をふやかした状態にしてから除去することもあります。

なお、日本人の約20~30%は湿った耳垢ですが、欧米人は約80%程度、耳垢が湿っているといわれています。

耳垢栓塞は湿った耳垢や、耳の小さい子ども、耳垢を排出する力が弱くなった高齢者に多く見られるとされています。

耳垢が、少し溜まっていても鼓膜がよく観察できる状態であれば特に問題はありません。

耳垢がある程度たまると、中耳炎などの病気の有無を判断できなくなったり、聞こえに影響が出てきたりするために除去する必要があります。

耳垢を取り除くのは意外にむずかしいものです。

ご自身や保護者の方々で耳垢を取り除くことが難しい場合や、耳閉塞感など気になる症状がある際には、お気軽に受診してください。

診療事前受付